妊娠中の方、小さなお子様連れの方 - 久里浜の歯医者(歯科)なら久里浜グリーン歯科

Web診療予約 ・お問い合わせ

046-834-9190


【診療時間】月~金 9:30~12:30/14:30~19:30 (土曜は17:30まで/日曜午後休診) 【休診】祝祭日

妊娠中の方、小さなお子様連れの方

    妊娠中の歯の治療やメンテナンスについて

    妊娠中の方

    妊娠中は、つわりなどで歯磨きがしにくくなったり、ホルモンバランスの関係で口内環境が乱れやすくなったりすることが原因で、どうしても虫歯や歯周病になりやすくなってしまう時期でもあります。

    中には、歯の治療をしたいけれど、気分が悪くならないか心配だったり、薬やレントゲンなどが赤ちゃんに悪い影響はないのか不安に感じてしまい、通院をためらっている方も多いのではないでしょうか?

    当院では、現在妊娠中の方でも安心して通っていただけるよう、細心の注意を払って治療に臨んでおります。

    妊娠4カ月までは赤ちゃんへ影響の考慮して、歯科治療は避けた方が良いかと思いますが、安定期に入れば大抵の治療は可能になります。

    妊娠中も健康な口腔内環境を維持することは、お母さんの健康はもちろん、生まれてくる赤ちゃんの健康も守ることができますので、積極的に歯科医院に通って口腔内の環境を整えるよう意識するとよいでしょう。


     

    無理せず、楽な体制で治療を行います

    楽な体制で

    妊娠をしてお腹が大きくなってくると、仰向けで治療を受けることが苦しくなる方が多くいらっしゃいます。

    長時間そのような苦しい状態でいると、吐き気や動悸、息切れ、血圧の低下などを引き起こしてしまう可能性もありますので、少し椅子を起こしたりしながら苦しくない姿勢で治療を進めるように配慮しております。

    また、妊娠中はどうしてもトイレが近くなったり、突然気分が悪くなったりしてしまう場合も多いですので、そのような場合は無理に治療を続けずに、体調に合わせて予約の取り直しをさせて頂くようにしております。

    少しでもおかしいなと感じたら、遠慮せず気軽に歯科医師や歯科衛生士にお伝えください。


     

    胎児への影響に配慮しています

    お母さまにとって何よりも気になるのは、生まれてくる赤ちゃんへの影響についてではないでしょうか?

    当院では、おなかの中の赤ちゃんにも最大限の配所をし、治療計画をご提案しております。


     

    レントゲン

    レントゲン

    歯科医院で撮影されるレントゲンはお口の部分のみにあたりますので、おなかの中の赤ちゃんへの影響はほとんどございません。

    とはいえ、やはり、本当に大丈夫なのかと気にされる方はとても多くいらっしゃいます。特に、初産の方の場合はとても敏感になっていることが多いですね。

    そのような不安や心配、ストレスなどはおなかの中の赤ちゃんにとっても良い影響を及ぼしませんので、当院では妊婦さんの治療の場合、レントゲン撮影はなるべく控えるようにしております。

    どうして撮影が必要な場合においても、まずはご説明・相談させていただきますのでどうぞご安心ください。


     

    麻酔

    麻酔

    歯科治療の際に使われている麻酔は、キシロカインというもので、妊娠安定期に入った妊婦さんの場合、胎児への影響はほぼ無いと言われております。

    ただし、妊娠初期(1~4ヶ月ころ)の場合は精神的にも不安定な場合が多く、麻酔時の痛みやストレスによって気分が悪くなってしまう場合もありますので、この時期には治療を避けた方が良いでしょう。


     

    麻酔

    歯科治療後に痛み止めを処方する場合がありますが、痛み止めの薬の中には妊娠中には使用できない薬があるので注意が必要です。

    たとえば、鎮痛剤として使われる「ボルタレン」や「ロキソニン」は妊娠中の使用は禁止されていますので、妊娠中の方には処方いたしません。

    妊娠中の方の場合、痛み止め薬としては「カロナール」、抗生物質としては「サワシリン」を処方させていただいております。

    授乳の時期になりますと使用できる薬も増え、妊娠中の時に使用可能な薬に加え、抗生物質として「フロモックス」や「メイアクト」という薬も使用が可能になります。

    状態によって適切なお薬が変わってきますので、主治医とも相談のうえで適切で安全なお薬を処方するようにしております。


     

    女性ドクターも在籍、ご希望の場合は指名できます。

    女性ドクター

    当院では、男性ドクターの他、女性のドクターも在籍しております。

    男性ドクターには言いにくいこと、聞きにくいことなどでも、同じ女性の目線でお答えしたり、相談に乗ったりすることができます。

    ご希望であれば、女性担当医をご指名することも可能ですので、ご予約の際にその旨をお申し付けください。


TOP