神奈川県横須賀市久里浜1-3-17 鈴栄メディカルビル 3F 046-834-9190 / 日曜診療

HOME診療主旨診療について院長プロフィール医院案内お問い合わせ

院長プロフィール


<B><FONT color="#009900">久里浜グリーン歯科 院長  伏見 肇</FONT></B>久里浜グリーン歯科 院長  伏見 肇

【プロフィール】
昭和63年3月 神奈川歯科大卒
昭和63年4月 同校 歯周病学講座入局
平成06年3月 歯学博士(歯周組織再生に関する研究)
平成06年4月 日本歯周病学会 認定 歯周病専門医取得
平成14年4月 日本歯周病学会指導医取得
平成25年3月 日本口腔インプラント学会専門医取得
平成26年4月〜 神奈川歯科大学特任講師

【所属学会】
日本歯科医師会会員
神奈川県歯科医師会会員
横須賀市歯科医師会会員
日本歯周病学会会員
日本口腔インプラント学会会員
神奈川歯科大学学会会員
再建治療研究所会員
日本歯科先端技術研究所所属

【学会発表】
1)アテロコラーゲン膜移植が歯周組織再生に及ぼす影響について
  ーイヌ裂開型骨欠損モデルを用いた病理組織学的検討―
  古卿辰二、伏見 肇、児玉利朗、三辺正人、堀 俊雄、渡辺是久、
伊藤 弘、沼部幸博、鴨井久一、   真島 徹、下島孝裕、池田克己 
  第32回春季日本歯周病学会、1989.

2)乳酸・グリコール酸共重合体―アテロコラーゲン複合体膜を用いた歯周組織再生に
関する実験病理学的研究
  伏見 肇、児玉利朗、三辺正人、吉川昌幸、堀 俊雄、玄 丞烋、筏 義人
  第33回春季歯周病学会、1990.

3)アテロコラーゲン膜移植後の歯周組織再生に関する病理学的研究
  1.結合組織線維束の再生様式について
  伏見 肇、児玉利朗、古卿辰二、田村利之、堀 俊雄、東 一善
  第33回秋季日本歯周病学会、1990.

4)アテロコラーゲン膜移植後の歯周組織再生に関する病理学的研究
  2.膜の吸収とセメント質再生について
  児玉利朗、伏見 肇、杉山裕一、三辺正人、堀 俊雄、渡辺是久、高橋常男
  第33回秋季日本歯周病学会、1990.

5)乳酸・グリコール酸共重合体―アテロコラーゲン複合体膜移植後の歯周組織再生に関する基礎的検討
  2.犬骨膜下移植後の組織反応
  伏見 肇、児玉利朗、堀 俊雄、三辺正人、佐藤 純、成田文彦、飯田正人、玄 丞烋、筏 義人
  第34回春季日本歯周病学会、1991.
6)乳酸・グリコール酸共重合体―アテロコラーゲン複合体膜を用いた歯周組織再生に関する実験病理学的研究
  3.犬閉鎖創における組織反応
  伏見 肇、児玉利朗、古卿辰二、田村利之、三辺正人、堀 俊雄、玄 丞烋、筏 義人
  第34回秋季日本歯周病学会、1991.

7)Application of Collagen Membranes to Periodontal Tissue Reconstruction Therapy
  Kodama, T., Fushimi, H., Tamura, T. and Hori, T.
  JAPANESE ASSOCIATION FOR DENTAL RESEARCH, 39th ANNUAL MEETING,
  OSAKA, 1991.

8)Fine structure of single cilium the junctional epithelium of the rat
  Fushimi, H., Higashi, K, Kodama, T., Miyano, S., Sasa, S. and Hori, T.
  5th Asia-Pacific Electron Microscopy Conference, Beijing, China, 1992.

9)付着上皮における孤立線毛の微細構造
   伏見 肇、児玉利朗、堤 弘治、東 一善、佐々昭三、堀 俊雄
   第35回春季日本歯周病学会、1992.

10)GTR techniqueによるRidge-augmentation
   堤 弘治、児玉利朗、宮野詳子、伏見 肇、古卿辰二、田村利之、堀 俊雄
   第97回秋季歯科保存学会、鹿児島、1992.

11)GTR techniqueによるRidge-augmentation
   堤 弘治、児玉利朗、伏見 肇、古卿辰二、田村利之、堀 俊雄
   第36回秋季日本歯周病学会、1993.

12)吸収性ポリ乳酸メッシュを用いたRidge-augmentation
   堤 弘治、児玉利朗、伏見 肇、古卿辰二、田村利之、堀 俊雄、玄 丞烋、筏 義人
   第36回秋季日本歯周病学会、1993.

13)吸収性ポリ乳酸メッシュを用いたRidge-augmentation
   2.病理組織学的解析
   児玉利朗、堤 弘治、伏見 肇、三辺正人、古卿辰二、田村利之、堀 俊雄、玄 丞烋、筏 義人
   第23回日本口腔インプラント学会総会、1993.
14)ハイブリッドタイプ乳酸・グリコール酸共重合体―アテロコラーゲン複合体膜を用いた
   歯周組織再生に関する基礎的研究
   伏見 肇、児玉利朗、古卿辰二、堤 弘治、三辺正人、田村利之、堀 俊雄
   第36回春季日本歯周病学会、1993.

15)真皮欠損用グラフト(テルダーミス)の歯周治療への応用 −付着歯肉幅の増大についてー
   児玉利朗、堤 弘治、伏見 肇、木次大介、杉山貴志、古卿辰二、田村利之、堀 俊雄
   第37回春季日本歯周病学会、1994.

16)吸収性メッシュ膜によるGuided Bone Regenerationの基礎的研究
   堤 弘治、児玉利朗、伏見 肇、古卿辰二、田村利之、堀 俊雄、玄 丞烋、筏 義人
   第37回秋季日本歯周病学会、1994.

17)THE EXPERIMENTAL STUDY OF PERIODONTAL TISSUE REGENERATION WITH HYBRID TYPE
   PLA/PGA COPOLYMER-ATELOCOLLAGEN COMPLEX MEMBRANE.
   Fushimi, H., Kodama, T., Tsutsumi, K. and Hori, T.
   The 3rd World Congress for Oral Implantology, YOKOHAMA, 1994.

18)THE EFFECT OF GTR TECHNIQUE BY USING RESORBABLE MEMBRANE IN ITI IMPLANT.
   Kodama, T., Tsutsumi, K., Fushimi, H. and Hori, T.
   The 3rd World Congress for Oral Implantology, YOKOHAMA, 1994.

19)The Effect of Guided Bone Regeneration by using biodegradable materials.
   Tsutsumi, K., Kodama, T., Fushimi, H., Tamura, T. and Hori, T.
   75th IADR., Singapore, 1995.

20)真皮欠損用グラフト(テルダーミス)を応用した歯肉歯槽粘膜形成術
  付着歯肉幅増大モデルの確立
  杉山貴志、児玉利朗、木次大介、堤 弘治、伏見 肇、堀 俊雄、池上和仁、小出幹夫
  第25回日本口腔インプラント学会総会、北九州、1995.

21)真皮欠損用グラフト(テルダーミス)を応用した歯肉歯槽粘膜形成術
   付着歯肉幅増大の病理組織学的評価
   木次大介、児玉利朗、杉山貴志、堤 弘治、伏見 肇、堀 俊雄、池上和仁、小出幹夫
   第25回日本口腔インプラント学会総会、北九州、1995.

22)真皮欠損用グラフト(テルダーミス)を応用した歯肉歯槽粘膜形成術
   付着歯肉幅増大の臨床検討
   伏見 肇、児玉利朗、堤 弘治、堀 俊雄、池上和仁、小出幹夫
   第25回日本口腔インプラント学会総会、北九州、1995.

23)真皮欠損用グラフト(テルダーミス)を応用した歯肉歯槽粘膜形成術
   ―臨床応用についてー
   児玉利朗、伏見 肇、堤 弘治、堀 俊雄、池上和仁、小出幹夫
   第38回秋季日本歯周病学会、北九州、1995.

24)真皮欠損用グラフト(テルダーミス)を応用した歯肉歯槽粘膜形成術
   ―歯槽頂角化歯肉根尖側移動術の有用性についてー
   杉山貴志、木次大介、堤 弘治、伏見 肇、児玉利朗、堀 俊雄、池上和仁、小出幹夫
   第38回秋季日本歯周病学会、北九州、1995.

25)認定医症例研修会
   伏見 肇
   第38回秋季日本歯周病学会、北九州、1995.

26)歯周組織再生効果の促進を目的としたGTR法の研究
   堤 弘治、児玉利朗、伏見 肇、木次大介、杉山貴志、堀 俊雄
   第39回春季日本歯周病学会総会、東京、1996.

27)Ultrastructural changes of Junctional Epithelium
   Kitsugi, D., Higashi, K., Iwase, M., Fushimi, H., Kodama, T., Hori, T., Kishi, Y. and Takahashi, K.
   Sixth Asia-Pacific Conference On Electron Microscopy, Hong Kong, 1996.

28)抜歯窩治癒過程におけるアテロコラーゲンの有用性について
   木次大介、児玉利朗、杉山貴志、伊海博之、堤 弘治、伏見 肇、堀 俊雄
   第26回日本口腔インプラント学会、岡山、1996.

29)歯肉弁の特性における治癒様式の検討
   杉山貴志、木次大介、伊海博之、堤 弘治、伏見 肇、児玉利朗、堀 俊雄
   第39回春季日本歯周病学会、東京、1996.

30)骨延長法による歯槽骨増大の研究について
   伊海博之、児玉利朗、木次大介、杉山貴志、伏見 肇、堤 弘治、堀 俊雄
   第26回日本口腔インプラント学会総会、岡山、1996.

31)Tissue GuidedTMによるGTR法の病理組織学的研究
   移植材を併用したGTR法の有用性について
   伊海博之、児玉利朗、木次大介、杉山貴志、堤 弘治、伏見 肇、堀 俊雄
   第40回春季日本歯周病学会、1997.

32)Tissue GuidedTMによるGTR法の病理組織学的研究
   一壁性骨欠損モデルにおける有用性について
   杉山貴志、児玉利朗、木次大介、伊海博之、堤 弘治、伏見 肇、堀 俊雄
   第40回春季日本歯周病学会、1997.

33)Tissue GuidedTMによるGTR法の病理組織学的研究
   歯周組織の再生量の分析
   木次大介、児玉利朗、杉山貴志、伊海博之、堤 弘治、伏見 肇、堀 俊雄
   第40回春季日本歯周病学会、1997.

34)ラット付着上皮の形態学的研究
   木次大介、東 一善、伏見 肇、児玉利朗、堀 俊雄、高橋 理、岸 好彰、高橋和人
   第41回春季日本歯周病学会、1998.

35)形態付与性コラーゲン膜のGBR法への応用
   伊海博之、児玉利朗、木次大介、杉山貴志、堤 弘治、伏見 肇、堀 俊雄
   第41回秋季日本歯周病学会、東京、1998.

36)エナメルマトリックスタンパク質を併用したGTR法の病理組織学的研究
   伊海博之、児玉利朗、木次大介、杉山貴志、堤 弘治、伏見 肇、古谷 淳、田村利之、古卿辰二、堀 俊雄
   第42回春季日本歯周病学会、大坂、1999.

37)再生付着上皮と血管の動態
   木次大介、東 一善、光家由紀子、田胡和浩、伏見 肇、児玉利朗、出口眞二、堀 俊雄
   第42回春季日本歯周病学会、大坂、1999.

38)Tissue GuidedTMによるGTR法の臨床評価
   1.長期予後評価について
   古卿辰二、山本 端、児玉利朗、三辺正人、杉山貴志、伏見 肇、竹内佳世、御手洗栄子
   第42回秋季日本歯周病学会、横浜、1999.

39)Tissue GuidedTMによるGTR法の臨床評価
   2.自家骨移植との併用について
   児玉利朗、杉山貴志、三辺正人、古卿辰二、伏見 肇、御手洗栄子、竹内佳世、富田 徹、新田成人
   第42回秋季日本歯周病学会、横浜、1999.

40)Tissue GuidedTMによるGTR法の臨床評価
   3.抗菌療法との併用について
   三辺正人、児玉利朗、古卿辰二、伏見 肇、杉山貴志、御手洗栄子、竹内佳世、西久保周一

41)Clinical Evaluation of Guided Tissue Regeneration using Collagen
   Takashi Sugiyama, Masato Minabe, Toshiro Kodama, Tatsuji Kogou, Hajime Fushimi
   第2回アジアパシフィッククリニシャンズデンタルミーティング、2000.

42)コラーゲン膜(Tissue GuidedTM)をエナメル基質タンパク(エムドゲイン)の併用に関する臨床比較評価
   三辺正人、児玉利朗、古卿辰二、竹内佳世、伏見 肇、杉山貴志、御手洗栄子
   第43回秋季日本歯周病学会、大坂、2000.

43)コラーゲン膜(Tissue GuidedTM)をエナメル基質タンパク(エムドゲイン)の併用に関する臨床比較評価
   杉山貴志、児玉利朗、三辺正人、古卿辰二、竹内佳世、伏見 肇、山本 端
   第43回秋季日本歯周病学会、大坂、2000.

44)インプラント術前の無歯顎部歯槽堤の角化歯肉増大法について
   児玉利朗、伏見 肇、三辺正人、杉山貴志
   日本口腔インプラント学会、第18回九州支部総会、鹿児島、2001.

45)根分岐部欠損に対する再生療法の臨床評価
   ―コラーゲン膜を用いたGTR法と骨移植の併用法―
   杉山貴志、三辺正人、児玉利朗、古卿辰二、伏見 肇、山本 端、御手洗栄子
   第44回秋季日本歯周病学会、岡山、2001.

46)Bone swagingを併用したGTR法の臨床評価
   児玉利朗、三辺正人、杉山貴志、古卿辰二、伏見 肇、木次大介、竹内佳世、瀬戸康博
   第44回秋季日本歯周病学会、岡山、2001.

47)歯周治療12年経過症例
   佐藤 純、岡本 浩、伏見 肇
   第48回秋季日本歯周病学会、2005.

48)真皮欠損用グラフト(テルダーミス)を用いた顎堤角化歯肉の増大について
   伏見 肇
   神奈川県歯科医師会第4回学術大会、2006.


【論文発表】
1)アテロコラーゲン膜移植後の歯周組織再生に関する基礎的研究  
   −コラーゲンの化学的架橋度の相違による生体内溶解時期の差異と創傷治癒反応についてー
   古卿辰二、三辺正人、伏見 肇、児玉利朗、田村利之、石渡庸介、宮島 実、堀 俊雄
   日本歯周病学会誌、32(2):635−641、1990.

2)Guided Tissue Regeneration Using Lactide/Glycolide Copolymer-Atelocollagen Complex Membranes
   Minabe, M., Kodama, T., Fushimi, H., Hori, T., Tatsumi, J., Kurihara, N., Ikeda, K., Song-Hyu Hyon and Ikeda, Y.
   The Bulletin of Kanagawa Dental College, 19(1) : 3-10, 1991.

3)Single cilia in the junctional epithelial cells of the rat Molar Teeth.
   Higashi, K., Itoh, T., Akimoto, K., Sasa, S., Fushimi, H., Kodama, T. and Hori, T.
   The Bulletin of Kanagawa Dental College, 20(2) : 114-121, 1992.

4)乳酸・グリコール酸共重合体―アテロコラーゲン複合体膜移植後の歯周組織再生に関する基礎的検討
   児玉利朗、伏見 肇、宮野詳子、三辺正人、田村利之、堀 俊雄、玄 丞烋、筏 義人
   生体材料、11(19):5−13、1993.

5)プロテアーゼ投与における付着上皮中の孤立線毛の超微構造変化
   伏見 肇、児玉利朗、堤 弘治、田村利之、堀 俊雄、東 一善、佐々昭三
   日本歯周病学会誌、35(1):113−121、1993.

6)ハイブリッドタイプ乳酸・グリコール酸共重合体―アテロコラーゲン複合体膜を用いた歯周組織再生に関する
  実験的研究
   伏見 肇
   日本歯周病学会誌、36(1):36−55、1994.

7)真皮欠損用グラフト(テルダーミス)の歯周治療への応用
   −ラット口蓋歯肉欠損部におけるコラーゲンマトリックスの上皮再生反応についてー
   児玉利朗、堤 弘治、伏見 肇、渕田恒晴、堀 俊雄、小園 知、池上和仁、小出幹夫
   日本歯周病学会誌、36(1):162−169、1994.

8)歯周組織再生誘導法を応用したRidge-augmentationの病理学的研究
   堤 弘治、児玉利朗、伏見 肇、古卿辰二、田村利之、吉川昌幸、渕田恒晴、堀 俊雄
   日本歯科保存学雑誌、37(3):1055−1062、1994

9)アテロコラーゲンスポンジの抜歯窩治癒過程に及ぼす効果について
   木次大介、児玉利朗、杉山貴志、伊海博之、堤 弘治、伏見 肇、堀 俊雄
   日本口腔インプラント学会誌、10(4):52−61、1997.

10)真皮欠損用グラフト(テルダーミス)を用いた歯肉歯槽粘膜形成術
   −臨床評価についてー
   伏見 肇、児玉利朗、堤 弘治、木次大介、杉山貴志、伊海博之、堀 俊雄
   日本口腔インプラント学会誌、10(1):45−54、1997.

11)アテロコラーゲン・天然アパタイト複合材を併用したGTR法の有用性に関する病理組織学的研究
   伊海博之、児玉利朗、木次大介、杉山貴志、堤 弘治、古卿辰二、伏見 肇、堀 俊雄
   日本歯周病学会誌、41(2):125−143、1999.

12)エナメルマトリックスタンパクとGTR法との併用による歯周組織再生効果の組織学的研究
   伊海博之、児玉利朗、古卿辰二、木次大介、田村利之、堤 弘治、伏見 肇、杉山貴志、古谷 淳、
   弓場光泰、堀 俊雄
   日本歯周病学会誌、42(1):29−42、2000.

13)Candidaの歯周病への関与についての文献的および臨床的見解2
   −文献考察および抗真菌剤を用いた予備的臨床試験―
   梅本俊夫、浜田信城、三辺正人、伏見 肇、杉山貴志、木村三右衛、竹内佳世、古卿辰二、児玉利朗、
   御手洗栄子、西久保周一
   歯界展望、96(2):315−326、2000.